直近の開催予定はこちら

定例WordPress講座 – カスタマイズ編

講座に使用した資料

WordPressの主な使い方

WordPressを使うためには大きく分けて2つの方法があります。

  • WordPress.com(ホステティング込みのブログサービス)
  • WordPres.org(レンタルサーバーなどにインストールして使う)

基本的に.comの方はカスタマイズなどはできないと考えてもらって大丈夫です。(今後変わってくる可能性はあります)

逆に、デザイン面や機能面などでリクエストが多くある場合には、ほぼ一択として、レンタルサーバーなどにインストールして利用する方法を選択することになります。

その方法として、

  • プラグインを利用して機能拡張
  • 子テーマを利用したカスタマイズ
  • オリジナルテーマの作成

というような方法でリクエストを叶えていくことになるでしょう。

子テーマを利用したカスタマイズのメリットとは

子テーマを利用したカスタマイズで一番の恩恵を受ける点としては、開発時間の短縮ではないかと思われます。

すでにある程度形になっている親テーマをベースに、上書きするようなイメージでカスタマイズすることができる子テーマ利用ですので、開発時間の短縮が期待できます。

またオリジナルで制作したテーマとは違い、テーマ全体をアップデートする必要はなく、大部分は親テーマのアップデートに頼ることができます。

子テーマを利用したカスタマイズでできること

できることは大きく分けて3つ。

  • CSSによる装飾の上書き
  • テンプレートの上書き
  • PHPによる機能追加

余談:本当に子テーマを利用したカスタマイズがベストなのか?

テーマとプラグインのテリトリーを分けて考えよう

テーマに機能を組み込んでしまうと、テーマを変更できる自由をユーザーから奪うことになる。よって、機能部分はプラグインパッケージとして制作したりする工夫をすることによって、クライアントが将来的にテーマを変更する自由を確保してあげることも大事。

子テーマつの作り方

  1. 親テーマのディレクトリ名の確認
  2. 子テーマのディレクトリを作成
  3. 必要なファイルを作成
    1. style.cssのスタイルシートヘッダーで親テーマを指定
    2. functions.phpファイルを作成して親テーマのstyle.cssを読み込む

必要なファイルを作成

style.css

functions.php

まとめ

子テーマを利用したカスタマイズの範囲はかなり広く、ある程度なんでもできてしまいます。

しかし、それだからといってテーマ側に機能を多く持たせたり、多くのテンプレートを上書きしてカスタマイズしてしまうと、親テーマのアップデートが意味を成さなくなったり、メンテナンス性やテーマを変更できる自由をユーザー(クライアント)から奪うことに繋がってしまいます。

そういった部分を考慮しながら、どれくらいの規模のカスタマイズを行うのかを考えながらトライしてみましょう。